昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《自殺と断定》元KARAク・ハラの孤独を支えた、元東方神起ジェジュンとの絆

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 国際, 芸能

 11月24日午後6時頃、韓国ガールズグループKARAの元メンバー、ク・ハラ(28)が遺体で発見された。発見したのは長年知り合いだったハラの家政婦だという。ソウル・江南警察署は、ク・ハラの自宅の居間で遺書らしきメモが発見されたことや遺族の供述などを総合的に踏まえ、「犯罪の疑いがない」と判断。解剖はしない方針であるとしている。韓国芸能界関係者が語る。

ク・ハラ ©AFLO

遺書には誰かへの恨みは書かれていなかった

「遺書には誰かへの恨みつらみのようなものはなく、『自分を愛せなくてごめんね』のような短い文章が書いてあったようです。近しい人の間では、やはり鬱病と韓国でのネット中傷が原因だったのではないかと言われています。これから日本へ舞台を移して心機一転頑張ろうとしていた矢先のことですから、本当にいたたまれない。あんなに若く美しくて、まだまだこれからだったのに……」

 2007年、韓国で4人組アイドルグループKARAがデビューした。2008年4月にメンバーの脱退によって開かれたオーディションを勝ち抜き、加入した新メンバー2人のうちの1人がク・ハラだった。その後シングル曲「ミスター」で日本デビューし、KARAの代名詞となった「ヒップダンス」で一世を風靡。2011年にはNHK紅白歌合戦への出場も果たし、K-POPブームの火付け役となった。

「しかし2016年1月、ハラを含む3名が当時の所属事務所『DSPメディア』との専属契約を終了し、KARAは実質活動休止状態になりました。ハラは韓国国内の芸能事務所を転々としながら芸能活動を続けていましたが、他のK-POPアイドルの台頭などもあり、韓国の視聴者は厳しい視線を向けていました」(韓国大手紙記者)