昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

クーデター、裏切り、密告……「ぺんてる」の仁義なき戦い

2019/12/04

「サインペン」でお馴染みの筆記具のぺんてる株をめぐり、総合文具最大手のコクヨと2位のプラスが争奪戦を繰り広げている。

 なぜ、コクヨは、連結売上400億円ほどのぺんてるに触手を伸ばしたのか。

「コクヨは連結売上高3151億円を誇るが、国内市場が縮小する中、海外の売上比率は7%。約120カ国で展開し、海外売上が66%でブランド力や販路を持つぺんてるは、魅力的なのです」(エコノミスト)

 ことの発端は、ぺんてるのお家騒動にあった。

 2012年5月の取締役会で、当時42歳で創業家出身の堀江圭馬社長は、62歳以上の役員の退任を求めたが、逆に業績不振を理由に緊急解任動議を可決され、代表権を返上した。

「創業家を追放したクーデターを主導したのが、当時常務で社長に昇格した和田優氏です」(メガバンク幹部)

和田優社長(ぺんてるHPより)

 和田氏は1976年に早大理工学部を卒業して入社した。吉川工場でシャーペンの替え芯の製造に携わり、39歳で工場長に、08年に常務取締役生産本部長に就任した。

「和田氏は現場に精通し、人心掌握に長けていると言われる人物。高校時代は剣道部で鳴らし、社長就任後も『心も体も姿勢が大事』と話しています」(同前)

 一方、創業家の堀江氏も黙っていなかった。社長復帰を目指し約37%を保有する筆頭株主として活動。だが、支持が集まらず昨年、保有株を投資ファンドのマーキュリアインベストメントに1株2000円で売却した。