昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「正直悔しい」苛立ちを見せた羽生結弦は“最強の刺客”ネイサン・チェンに勝てるか

 11月24日に閉幕したフィギュアスケートNHK杯で圧巻の優勝を飾った羽生結弦(24)。今季GPシリーズを連勝し、同シリーズ上位6名による大一番、GPファイナル(12月5日開幕)への進出を決めた。

「過去2年は怪我で出場できなかったため、ファイナル制覇への期待が高まっている。会見でも珍しく『勝ちたい』、『いい演技より結果を』と口にしていました」(全国紙五輪担当記者)

 ただ、NHK杯のショートの演技後は、「もっと上を目指していたので正直悔しい」と苛立ちを見せた。

表現力などの演技構成点は羽生が圧倒 ©共同通信社

「ほぼ完璧な演技でしたが、それでも苛立ちを見せたのは、ファイナルを2連覇しているライバルの存在があるからです」(同前)

 羽生の前に立ちはだかる最強の刺客が、ネイサン・チェン(米国・20)だ。

「チェンには今年3月の世界選手権で敗れ、現行ルールの下での世界最高得点、323.42点を目の前で叩き出された。羽生は『ファイナルは自分の中ではネイサン選手との戦いでしかない』と語っている」(同前)

 両者の今季の最高得点を見ると、羽生はカナダ大会で出した322.59点。チェンはアメリカ大会の299.09点。点差を見れば勝利は堅そうだが、スポーツ紙スケート担当記者は「決して予断を許さない」と言い、こう続ける。