昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宝塚歌劇団で「推せるジェンヌ」「推せないジェンヌ」中間発表!

抽選で10名様にAmazonギフトカード5000円分をプレゼント

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 10月から募集を開始した宝塚歌劇団「推せるジェンヌ」「推せないジェンヌ」アンケート。すでに多くの票が寄せられ、賛否両論、大きな反響を呼んでいます。その声にお応えして、アンケート募集期間12月13日(金)18時までに延長しました!

“清く正しく美しく”をモットーに華麗な舞台を繰り広げ、今年で105周年を迎えた宝塚歌劇団。劇団の決定ではない、ファンの生の声による順位はどうなるのでしょうか?

 今回は、現時点の「推せるジェンヌ」「推せないジェンヌ」の暫定トップグループを発表。現役トップスターから、11月24日に惜しまれながら退団した元花組トップスター・明日海りおまで幅広くランクインしています。

【推せるジェンヌ 暫定トップグループ】(※五十音順)
朝美絢
明日海りお
芹香斗亜
月城かなと
望海風斗
鳳月杏
真風涼帆
水美舞斗
柚香光
礼真琴

【推せないジェンヌ 暫定トップグループ】(※五十音順)
彩風咲奈
芹香斗亜
珠城りょう
轟悠
華優希
真風涼帆
美園さくら
優波慧
柚香光
礼真琴

「歌劇」2019年11月号

「週刊文春デジタル」では初の宝塚アンケートとなりましたが、特筆すべきはみなさんから寄せられる投票コメントの“愛の深さ”。

 “推せるジェンヌ”の投票コメントには「宝塚愛がすごいから」、「宝塚歌劇への熱い思いが根底にあると感じられる」など、ジェンヌの“宝塚愛”を評価するものから、「とにかくかっこいいの一言に尽きる。華やかな容姿は舞台のどこにいても目を惹きます」というファンの視線を離さないスター性への賛美、熱心に応援するファンだからこそ知る「お稽古や舞台がある日は一番に劇団に入り、帰りは一番最後に帰るほど、とても努力されています」といった彼女らの努力への称賛など、幅広い意見が寄せられています。

宝塚大劇場近くにある、レビューに出演するジェンヌをモチーフにした「レビュー像」 ©AFLO

 一方、“推せないジェンヌ”の投票コメントには「お芝居、ダンスはピカイチですが歌が致命的にお上手ではない」といった実力不足を嘆く声、「昔から合コンや異性関係で遊んでいる噂はあった」などの“すみれコード”にそぐわない態度への批判、「人気がないのに長期トップ」と言った“宝塚スター人事”への疑問の声などが目立ちました。

 果たして最終順位はどうなるのでしょうか。最終応募〆切は2019年12月13日(金)18時。「推せる」「推せない」それぞれ3名を、ベスト3、ワースト3の順位をつけて教えてください。あわせて「その理由」も教えてください(1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計します)。みなさんの熱い想い、引き続き大募集中です。

応募〆切:2019年12月13日(金)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締切り日を変更する場合があります。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。