昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

沢尻を支えた“恩人”もエリカにガッカリ「やっぱり周りがね…」――「沢尻エリカ薬物問題」5大タブー #5

source : 週刊文春 2012年6月7日号

genre : ニュース, 芸能, 社会

 11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

沢尻エリカ容疑者 ©共同通信社

「私は彼女の母親代わりと言われていますが、言うなれば彼女の姉です」

 沢尻をCM起用した「たかの友梨ビューティクリニック」のたかの友梨氏は、今年2月に契約が切れるまで公私ともに彼女を支えてきた。この状況をどう見ているのか。

「(薬物については)ノーコメント。彼女とはもう全然お会いしていないから。去年の3月、震災が起きてすぐ彼女は海外に行ってしまったじゃない。私としては、そういう時こそ被災地を回って、皆の力になって欲しかった。それまでは彼女に期待していたんですけどガッカリした。それで『もう(CM契約は)いいかな』って思ったんですよ。(大麻については)全然知らない。本人も否定していたしね。もし分かっていたら(CMに)使わない」

送検のため沢尻エリカ容疑者を乗せ東京湾岸署を出る車(2019年逮捕時) ©文藝春秋

 彼女を取り巻く環境に対して、こう苦言を呈する。

「誤解されやすいけど心の優しい子だと信じたかった。だけどキレイな子だから、やっぱり周りがね……」

 恩人の言葉を、沢尻はどう受け止めるのだろうか。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー