昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新社長は45歳 “平均年収2000万”キーエンスの好待遇は続くか

9年振りの社長交代、背景に危機感

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 経済

「平均年収2000万」キーエンスの好待遇は続くか

「収益に陰り」で9年振りの社長交代

10月末、キーエンスは山本昇則社長(54)から中田有取締役(45)に社長を交代することを発表した。

キーエンスはファクトリーオートメーション(FA、生産プロセスなどの省人化・自動化)関連のセンサーや画像処理関連のシステムを手掛ける超高収益企業だ。従業員に支払う給与水準もかなり高い。有価証券報告書によると、2019年3月20日現在、従業員数2388人、平均年齢35.8歳、平均勤続年数12.1年、平均年間給与は2110万円となっている。

写真=iStock.com/from2015 ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/from2015

ここまでキーエンスの業績は順調に伸びてきた。ただ、2019年度に入ると、中国経済の減速の影響などを受けて収益はやや伸び悩みはじめている。そのタイミングでの社長交代だった。

今回の人事を見ると、同社は若い世代に経営のバトンをわたし、変化への適応力を高めることによって一段の成長を目指そうとしているように見える。組織全体がこれまでの成功体験に浸るのではなく、常に新しいビジネスにチャレンジする経営風土に磨きをかけることを意図しているのだろう。

その意図が期待どおりの成果を上げることができれば、業績が拡大して高い報酬を従業員に支払い、優秀な人材を惹きつけ続けることはできるはずだ。

キーエンスはいち早く世界的な時流をとらえていた

キーエンスの業績は、2019年3月期まで7期続けて最高益を達成してきた。利益率も高い。営業利益率は50%を超え、国内のライバル企業の収益性を大きく上回っている。

好調な業績の背景には、まず、同社を取り巻く経済環境がある。

世界全体で人手不足が深刻化している。労働力不足を補うために、米国や中国、わが国など世界各国の企業は、生産設備などの省人化や自動化を強化している。その需要を取り込んで、キーエンスは業績を拡大してきた。人手不足の問題は今後も続くだろう。

また、キーエンスがいち早く、自前の生産設備を持たない、いわゆる「ファブレス経営」を導入したことも重要なファクターだ。