昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《二宮和也結婚》“炎上元アナ妻”A子さんの「暴力的な”匂わせ”行為」を社会人類学で分析

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

 12月1日、嵐の二宮和也(36)が、ラジオ「BAY STORM」(bayfm)の放送中に、自らの口で初めて結婚を報告した。

 二宮がファンクラブサイトで元アナウンサーのA子さん(38)との結婚を発表したのは11月12日。SNSには結婚への批判が溢れかえった。Twitterでは「#二宮の唯一の欠点はA子(※実際は名前)」というタグがトレンド入りし、嵐の公式Instagramのコメント欄にはファンからの悲痛な叫びが投稿され続けた。ジャニーズを20年以上取材してきた芸能リポーターの駒井千佳子氏も、13日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、翌日に嵐のドーム公演が札幌で開催されることに触れ、「やっとチケット当たって、みんなオシャレしていくわけで……」とファンの心情を慮るなど、世間をざわつかせていた。

嵐公式インスタグラムのコメント欄

 二宮の結婚はなぜここまで批判を集めてしまったのだろうか。

 この現象について、某国立大学在学中にジャニーズファンの心理や行動を社会人類学の視点から研究し、論文を執筆したこともある川島ノエ美氏に話を聞いた。川島氏は自身も熱心なジャニーズファンで、二宮結婚の話題をふると、熱っぽく語ってくれた。

 ニノの結婚と、A子さんという存在、そしてそれを取り巻くファンの反応は、社会人類学を学んだ者として、とても興味をひかれる現象でした。

 今回ここまで批判が大きくなったのは、二宮ファンやジャニーズファン以外にも怒りが伝播したからなんです。私は嵐ファンではないのですが、ニノの結婚には複雑な感情を抱きました。悲しみや驚きもありましたが、怒りを強く感じたんです。SNSをのぞくと、私と同じように感じている人がたくさんいました。私のように嵐以外のジャニーズファンもいましたし、K-POPファンや声優ファンなど、ジャニーズには興味のなさそうな人も怒っていました。

二宮和也 ©文藝春秋

 批判の核となったのは、みなさんもご存じの通り、A子さんの“匂わせ行為”です。

 A子さんは2014年頃から、ブログにたびたび嵐や二宮の存在を“匂わせる”投稿をしていました。嵐のグッズやCD、ニノの洋服などが写真に写り込んでいたり、ニノが撮影のクランクアップでもらったと思われる花束がA子さんの家で生けてあったり。それを発見する度に、ファンは怒り狂っていました。