昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「トップを降りるつもりはないのか?」ユニクロ・柳井社長に“後継者問題”を直撃すると……

2019/12/06

 11月28日、ユニクロを傘下に持つファーストリテイリングの株主総会が山口市の本社で行われた。

 私が株主として総会へ出席するのは2017年以来2度目。柳井正社長本人に話を聞くためだ。

ユニクロ帝国の光と影』を出版した11年以降、私は会見から締め出されており、柳井社長の肉声を聞くには株主総会で質問するしかないのである。

 19年8月期の連結業績で売上高は2兆2905億円と過去最高。日経平均を左右するほどの企業だが、ワンマン経営で、柳井社長も今年70歳となり、誰が後を継ぐか注目されている。

「70歳で引退する」とかつては語っていたが ©共同通信社

 そこで、株主総会の質疑応答で、私は尋ねた。

――柳井社長は産経新聞8月22日付朝刊のインタビューで「退任は考えていない。必要とされるうちは仕事をしたい」と話したが、次世代に引き継ぐのかという問いに「あと1、2年」と答えた。どっちが本当か。

「先のことは、誰にもわかりません! 1年とか、2年とか、そういうことは明確に申し上げる必要はない」

――柳井社長自身が新聞で話されていることでは。

「新聞記者は勝手に書く。私はそのようなことは申し上げたことはありません」

 自らのインタビュー記事を全否定したのだ。