昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“美しさ”が止まらない氷川きよしに「紅白でどんな衣装を着るのか問題」勃発

本人と事務所の意向が一致せず

「皆さんが1年間応援してくださって、出させていただける歌の祭典なので、心を込めて歌いたい」

 大晦日のNHK紅白歌合戦にデビュー以来20年連続で出場が決まり、そうコメントした氷川きよし(42)。

◆◆◆

 3月に発売した「大丈夫/最上の船頭」は25万枚を超える大ヒット。7月には日本武道館で20周年記念コンサートを開催するなど絶好調の氷川。

 そんな中、熱視線が注がれているのが、彼が紅白本番で身にまとう衣装だ。

美しすぎる王子様、氷川きよし

「記念公演では純白のドレスを着てブランコに乗ったり、龍をモチーフにした絢爛たる衣装を披露。これは氷川自らの演出によるものでした。

 紅白の衣装は、基本的に歌手主導で決め、衣装代も自己負担。なので、かつての美川憲一や小林幸子を彷彿とさせるようなド派手なドレスを着る案も浮上していると言われています。NHKサイドも紅白の目玉が足りない中、容認というか『話題になればOK』というスタンス」(音楽関係者)

 このところ氷川は急速に“美しさ”を増している。細い眉に念入りなメイクという妖艶なルックス。露出する機会の増えた脚は女性顔負けの脚線美を誇り、一人称は「あたし」。“演歌の王子様”のイメージには到底収まらない変貌ぶりだ。自ずと紅白衣装にも期待がかかる。

 だがこの路線は、必ずしも所属事務所の意向と一致したものではないという。