昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今月の豪華主義Vol.5 究極のコンビーフ登場!

文藝春秋が美味しいものを見つけてきました!

2019/12/13

PR

信じられない鮮度
「高知土佐・一本釣りうるめいわしぶっかけ漬け丼」

鰯は「弱し」を語源とするという。そのいわしの中でも、最も美味ながら鮮度維持が難しいうるめいわしを使った「ぶっかけ漬け丼」があると聞いて、ご飯を用意して食べてみた。最初の一口で唸った! 新鮮な歯応えと脂の乗った身に特製だれがまとわりついてご飯とは相思相愛。口の中でずっと味わっていたいが、「それをよこせ!」と胃袋がきゅっと鳴る。嚥下する束の間の幸福感! さすが一尾ずつ釣り上げて、手で触らずに5秒後にはクーラーボックスの氷水に放つ「手間」が生きている。

商品番号:B0042
3,240円(本体価格3,000円) 送料1,100円
●内容:60g(固形40g、液体20g)×10食 ●配送:冷凍 ●賞味期間:冷凍で120日、開封後即日 ●特定原材料:小麦


この組み合わせに脱帽
「米沢牛コンビーフ」

山形県が誇る米沢牛。今回の「米沢牛コンビーフ」は高畠町にある「スモークハウスファイン」が心を込めて作りあげた。この逸品がパンやクラッカーなどに相性抜群なのは当然のこと。今回はうずら卵とともにアツアツのごはんにのせてコンビーフ丼に仕立ててみた。一口含めば肉の贅沢な旨みと、とけた脂分がお米にまとわりつき、なめらかな風味が生まれて箸が止まらない。旨い、旨い。丼メシを掻き込んでしまった。

商品番号:B0024
5,400円(本体価格5,000円) 送料1,100円
●内容:50g×8パック ●配送:冷凍 ●賞味期間:冷凍で180日 ●特定原材料:なし


ファーストクラスのカレー
「阿波尾鶏とマッシュルームのカレー」

「ANA国際線ファーストクラスで食べたあのカレーが忘れられない」というお客様からの声が集まり、ついに販売が決まったこのカレー。ライスを添えて早速ひと口。なるほどこれは別格だ。玉ねぎ、生姜、ニンニクが調和したベースに徳島産ブランド鶏の阿波尾鶏とマッシュルームがごろごろと入り、歯応えとともに堪らない風味が舌の上にランディングする。と同時に爽やかなスパイスのハーモニーが鼻腔に向けてテイクオフする。ANA専属シェフが丹精こめて作った濃厚かつ洗練された味に納得。

商品番号:B0085
5,400円(本体価格5,000円) 送料900円
●内容:180g×6食 ●配送:常温 ●賞味期間:常温で1年 ●特定原材料:乳・小麦


商品のお申し込み・お問い合わせはこちら
goukashugi.jp
運営会社/豪華主義通販事務局(株式会社クリーツ)

【個人情報の取り扱いについて】
お客様の個人情報は厳重に管理・保管し適切に取り扱います。お申し込みの際にお知らせ、ご記入いただいたお名前・ご住所などの個人情報は、お申込み商品の配達やお問い合わせの際のご連絡、商品、サービス等のご案内に利用し、ご本人の同意がない限り第三者への提供はいたしません。詳細はhttps://goukashugi.jpをご参照ください。

写真:志水隆(文藝春秋写真部)
フードスタイリング:中山暢子

出典元

「桜を見る会」<飲食>受注業者は昭恵夫人の親友だった

2019年12月12日号

2019年12月5日 発売

定価440円(税込)