昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カタカナ名前アレルギーの漫画家は大作『モンテ・クリスト伯』を読みきることができるのか?

『よちよち文藝部 世界文學篇』 「モンテクリスト」に登るも登頂危うし!

2019/12/12

genre : エンタメ, 読書

 名作と文豪の魅力をよちよちした取材と綿密な妄想で語り倒し、読んでいなくても知ったかぶれる、文学を学びながらも大爆笑の「よちよち文藝部」。もう「日本近代文学」は読みつくした、と語る番子部長が挑むのは「世界文学」だった。カタカナ名前が大嫌いだと豪語する番子部長は「モンテ・クリスト伯」(文庫で全7巻)を読み通すことはできるのか!?

◆◆◆

 

◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 

 

よちよち文藝部 世界文學篇

久世 番子

文藝春秋

2019年12月12日 発売

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー