昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松田聖子と神田沙也加「音信不通」5年 事務所をめぐって骨肉トラブル

 12月4日、神田沙也加(33)が自身のブログで舞台俳優の村田充(42)との離婚を発表した。だが、沙也加は母・松田聖子(57)と5年に渡る「音信不通」状態にあり、今や連絡を取り合う関係にないという。その「音信不通」の大きな要因の一つが、聖子と沙也加の所属事務所を巡るトラブルだったことが「週刊文春」の取材で分かった。

今年の紅白にも出場する松田聖子 ©文藝春秋

 母娘は、2011年12月にはNHK紅白歌合戦で共演を果たすが、2014年に“事件”は起きる。

「聖子さんが、沙也加さんと共に所属していた個人事務所『ファンティック』を飛び出し、新会社を設立したのです。『ファンティック』は1989年に聖子さんがサンミュージックから独立した後に立ち上げており、元々は亡くなった聖子さんのお父さんが代表を務めていました。その後はお兄さんが社長に就任し、30年近く家族で切り盛りしてきました。ところが、聖子さんは一方的に家族を切り捨て、元マネジャーと行動を共にし、自分の事務所から“独立”するという不可解な行動に出たのです」(聖子の知人)

「アナ雪」で大ブレイクした神田沙也加 ©AFLO

 聖子が沙也加にさらなる攻撃を仕掛けたのは2017年のことだった。

「沙也加さん側に対し、独立した聖子さんから『ファンティックの名前を使わないで!』とクレームが入ったのです。やむなく沙也加さん側は新事務所を設立。沙也加さんが村田さんと結婚式を挙げたのと同時期で、明らかに結婚に反対する聖子さんの“横槍”でした」(同前)

レストランで行われた結婚パーティ
聖子、祖母の姿はなかった

 その後も聖子側の“要求”は続き、沙也加と聖子は5年近くにわたり断絶状態だという。

 こうした経緯について、沙也加、聖子の所属事務所に事実確認の取材を申し込んだが、締切りまでに回答はなかった。

「週刊文春」12月12日(木)発売号では、一卵性親子といわれた松田聖子と沙也加の2人が、「音信不通」に至るまでの経緯を4ページにわたり詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

 リニューアルした「週刊文春デジタル」は、月額880円(税込)の価格はそのままに「雑誌記事1年分」と「Web記事&動画1年分」、あわせて約2400本の記事&動画が見放題! リニューアルを記念して2019年12月中は「初月無料キャンペーン」を実施中です。この機会にご入会ください。
https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー