昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

野党再編 玉木雄一郎氏は“蚊帳の外”「それもこれも優柔不断のせい」

東大、財務省出身で弁舌も爽やかなのに…… ©文藝春秋

 臨時国会閉会を前に、野党再編が動き出した。立憲民主党の枝野幸男代表が12月6日、野党統一会派を組む国民民主党や社民党、無所属議員に政党合流を求めた。「年内に一気に一つの政党になれればいい」(立憲中堅議員)との声が野党内で大半を占める中、国民の玉木雄一郎代表(50)が浮かない表情だ。

「夏には突然ユーチューバーになったり、かと思えば先月からは、“家計第一・全国ツアー”と銘打った全国行脚を開始。モニター搭載の大型トラックまで導入しました。せっかく党と自らの知名度を上げようと必死でやって来たのに、合流すれば党名は立憲になり、野党の次期総理候補は枝野氏ですから、面白くないんでしょう」(政治部記者)

 野党関係者によると、代表なのに交渉の“蚊帳の外”。合流話を水面下で進めてきたのは、立憲の福山哲郎幹事長と国民の平野博文幹事長、立憲の安住淳国会対策委員長と国民の小沢一郎氏という2つのラインがメインだった。枝野氏は安住、福山両氏と連携を取り合い、小沢氏とも会合を重ねたが、玉木氏は外されていたという。