昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

日銀総裁の条件は「通貨マフィアに顔が利くこと」 “ポスト黒田”最有力候補に浮上した男とは?

2019/12/17

 アジア開発銀行(ADB)次期総裁に内閣官房参与の浅川雅嗣・前財務官(61)が選出された。中尾武彦総裁の後任で来年1月に就任する。

浅川雅嗣・ADB次期総裁 ©共同通信社

 ADBは1966年の創設以来、米国と並んで最も出資している日本が10代続けて総裁を輩出している。

 今回の総裁選に出馬したのは浅川氏のみで、事実上無投票で選出された。

 浅川氏は静岡県生まれ。1981年に東大経済学部を卒業し、大蔵省(現財務省)に入省。プリンストン大に留学し、国際通貨基金(IMF)への出向も含め、国際金融や租税畑を歩んだ。2008年に麻生太郎総理(当時)秘書官を務め、11年には日本人として初めて経済協力開発機構(OECD)租税委員会の議長に就き、15年に財務官に昇格した。

「麻生財務大臣の懐刀で、財務官は通常1、2年で交代するが、異例の4年に及んだ。サービス精神が旺盛で、海外の金融当局者や中央銀行関係者からも慕われています」(財務省関係者)

 幼い頃にモーツァルト「フルート四重奏曲」に魅せられたという浅川氏。中高時代にブラスバンドで鍛えたフルート演奏で、海外要人が集まる場を盛り上げてきた。

「OECD租税委員会議長時代には初の幹部会議をパリ郊外の古城で開催。ディナーでは日本からカラオケCDを持ち込み、フルート演奏を30分間も披露し、喝采を浴びました」(同前)

 17年5月に横浜市で開催されたADBの年次総会でも、ホスト役としてフルート演奏を披露している。