昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アンナに「早くヨメに行けよ!」

 ディナーショー当日、客席でショーを見守った娘・梅宮アンナ(45)が、「梅宮辰夫の娘でよかったです」と言葉を贈ると、照れ隠しなのか、「早くヨメに行けよ!」と返す場面もあった。

「そうですね、やっぱり孫がいますからね。孫のために、ぜひそうなってほしいと思いますよ」(梅宮)

 2001年6月に結婚した娘のアンナは約2年後に離婚。孫娘で現在16歳の百々果さんは、当時1歳になったばかりだった。

百々果さんは幼少の頃からテレビなどに出演

「僕はね、父親のつもりで接してきたつもりなんですけどね。父親とお爺ちゃんという立場は、どうしても開きがありますからね……。早くパパができた方がいいなという思いはあります。孫のためにはね(笑)」(同前)

 おととしには、十二指腸乳頭部がんで11時間にも及ぶ大手術を経験した。

「気を付けてはいるんですが、たまにウッカリしたときに転ぶことはありますよね。年寄りになったらしょうがないですね。

 元気だし、食べ物もお酒もまったく制限はないんです。でも昔に比べたらやっぱり食欲も減ったし、(一昨年の)手術の前までは酒も1日も欠かすことがなかったんですけど、いまは週のうち3回くらいですかね、アルコール飲むのは。

 今? アサヒのドライゼロっていうの(ノンアルコールビール)が美味しいですよ! どのみち僕はビール程度で酔わないのでこれでも同じなんですね。アルコールが入ってないから、これなら朝から飲みます(笑)」(同前)

 芸能生活60周年を迎え今後の予定を問うと、こんな答えが。

「いまの芸能界は夢がないんで、何かやろうという意欲がわきませんね」(同前)

 そう毒づく梅宮の声は、すっかり“不良番長”のそれに戻っていた。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー