昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載「イラク水滸伝」外伝

イラクにおける「国内国家」クルド人自治区のさらに未知なる世界

「イラク水滸伝」外伝――第8回:クルディスタンのヤズディ教徒

2019/12/16

genre : ライフ, , 国際

バグダードより近代化が進んだお洒落な町

 クルディスタンの町はバグダードよりはるかに近代化が進み、お洒落である。ガラス張りのビルやアルファベット表記の看板などを見ていると、トルコ東部のクルド人エリアにいるような錯覚をおぼえる。クルドの人たちはイラク側もトルコ側も基本的に同じ言語を話しているうえ、国境の行き来が自由なので、まるで同じ国に住んでいるようにビジネスや投資や輸出入を行っているという。

ガラス張りのビル

 クルディスタンは羊の産地として知られ、いちばんの人気料理は羊肉のケバブ。親切だが自己主張の強いアラブ系イラク人とちがい、クルド人は人当たりが柔らかくて人なつっこい。

ケバブ屋のおじさん

 ヤズディの人たちは、民族的にはクルド人とほぼ同じらしい。クルド語を話し、食文化も似通っている。もっとも長らくイラク共和国に暮らしているので、ケバブもイラク式の挽肉であるし、乾燥ライムのスープなどイラク料理も普通に食べている。

ヤズディの人たちとケバブを食べる

「レタスを食べてはいけない」という不思議な戒律

 ヤズディ教徒には不思議な戒律がいくつかあり、「レタスを食べてはいけない」というのもその一つ。理由はヤズディ教徒にもわからないとのこと。ところが、ハイダル君が「外食ばかりで野菜が不足してるからレタスがほしい」と言いだし、シェエラザードの案内でレタス屋台へ。「俺たちとレタスを一緒に撮るなんて……」と笑うヤズディの人たち。

レタス売り場

 ヤズディの聖地である「ラリシュ」にも連れて行ってもらった。トルコとの国境に近い山の中である。尖った三角屋根のあるキリスト教の修道院みたいな建物がそれだった。

ラリシュの尖った屋根

 ラリシュの敷地内は土足厳禁という。この日は1月末で気温は4度、しかも氷雨が降っていた。私たちはダウンジャケットに裸足という珍妙な格好になる。それにしても足の冷たいこと!!

裸足の私たち

天然の洞窟でできたヤズディの聖地へ

 イスラムのモスクやキリスト教会に似た建物の入口。ヘビの彫刻がやや無気味。

洞窟への入口

 建物の中に入ると、教会形式ではなく、意外にも天然の洞窟だった。岩山にできた大きな洞窟を覆うように建物を作っているのだった。2メートル四方くらいの孔雀の絵が描かれた絨毯が壁面にかけられている。ヤズディ教徒はこの孔雀を崇拝していることから、イスラム教徒から「悪魔崇拝の輩」と常に迫害の対象となっているらしい。

孔雀の絨毯