昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《ライブ配信中に富士山滑落死》アパート大家が語る「47歳無職独身、木造フロなし弁護士浪人生活」――2019 BEST5

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

2019年(1月~11月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ネット事件部門の第3位は、こちら!(初公開日 2019年11月16日)。

*  *  *

 10月30日、富士山標高3千メートル付近で遺体が発見された事件で、静岡県警は11月12日、遺体の身元を明らかにした。遺体は東京都新宿区西早稲田に住む塩原徹さん(47・無職)。塩原さんは10月28日、富士山での登山の模様をニコニコ動画で配信中に滑落したとみられている。

塩原さんのライブ配信動画より 

「死因は滑落による損傷死、山頂付近から700メートル以上にわたり岩などに激突しながら高速で落下、遺体は男女がわからない程損傷していた」(県警関係者)

 塩原さんは、登山計画書を警察や行政に提出せず、軽装で単独で登山に挑んでいた。思いつきとも捉えられる行動にワイドショーのコメンテーターやネット掲示板では、「山を舐めている」「自業自得」など塩原さんに対して厳しいコメントが続いた。

Twitterより

 塩原さんはなぜ無謀な登山を試み、危険な場所でネット配信を続けたのか。

塩原さんの滑落映像より