昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山口組、高山若頭の「日本統一」作戦とは 「通夜欠席」山健組組長は"造反”か

 11月30日、尼崎市の福祉施設で行なわれた「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)の通夜には2015年8月に「六代目山口組」から離脱した「神戸山口組」の井上邦雄組長ら20人を超える幹部らが参列。しかし、そこに井上氏の最側近とされた山健組の中田浩司組長の姿がなかった――。

 山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)の出所から2カ月弱。3つに割れた山口組を取り巻く環境は風雲急を告げている。

高山若頭

◆◆◆

 阪神尼崎駅から程近いアーケード商店街に銃声が鳴り響いたのは11月27日午後5時頃のことだった。

「古川氏は息子が経営する居酒屋の前で撃たれ、現場からは空薬莢が15発、不発弾が13発みつかっています。犯行に使われた自動小銃は模造銃の疑いもある粗悪品でしたが、全身に撃ち込まれた弾はいずれも身体を貫通しており、即死状態でした」(社会部記者)

 古川氏は今年3月と7月にもバットや傘で襲撃されており、当初から“標的”にされていたとみられる。

 古川氏を知る暴力団関係者が明かす。

「山口組分裂時、古川氏は収監中だった高山氏に代わって組織の引き締めに動いていた竹内照明若頭補佐から“激励”の訪問を受け、カネを受け取った直後に、神戸山口組に寝返ったとされています。その後は求心力が低下し、17年4月に神戸山口組からの離脱組が『任侠山口組』を設立すると、傘下の組員の多くが移籍しています。最近では特殊詐欺事件で逮捕された息子の店を自ら切り盛りし、買い出しから調理までこなしていました。年内には引退の意向で、危機感を感じている様子はなかった」

古川組の古川総裁

警察の意図を巧みに利用

 凶行に及んだ朝比奈久徳容疑者(52)は元山口組系竹中組幹部で、昨年12月に覚せい剤絡みで破門処分を受けていたという。

「今年8月に覚せい剤取締法違反の罪で起訴され、保釈中でした。下見がてら数回古川氏の店を訪れ、『私もヤクザでした』などと語って一緒に飲みに行ったこともあったようです。逮捕後、彼は『一人でやった』と供述していますが、周囲には『極道としての死に方を全うしたい』などと漏らしている。偽装破門の疑いが濃厚です」(前出・社会部記者)

 山口組関係者が語る。

「武闘派として鳴らした竹中組は分裂後に“名跡復活”として再興された組織です。ただ、3年前に姫路市内にある“武器庫”が摘発を受け、拳銃や散弾銃などが押収されたり、一年前には情報管理の問題で執行部から責められたと言われている。追い詰められるなか、10月18日に高山氏が出所。高山氏からも厳しい言葉を浴びせられ、もはや選択の余地はなかったのだろう」