昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

実娘レイプ犯に無罪を下す裁判官の「一般常識」

そのような人は措置入院として精神科病院に入院させますが、どちらかというと短期間で退院となります。犯行の原因が精神疾患に基づく場合は責任がなく、たとえ殺人を犯していたとしても無罪とせざるを得ないというのが刑事事件の原則なのです。

私自身はたとえ責任能力がなく罪に問うことはできなくても、精神科病院に入院させて一生出さないなどの措置が必要なのではないかと思っています。医療観察法という法律に基づいて強制入院させることになりますが、現状ではそのような人でも一生出さないというシステムはありません。

一般の人が安心して暮らせるように、何らかの法的手だてを考えるべきではないでしょうか。

「毒婦」に罪を問えない裁判の仕組み

親による子供への虐待が起こるようになったのは、つい最近のことのように錯覚しがちです。昔に比べて若い人たちの精神年齢が低くなったからだとか、今の親は人の親としての自覚が足りないからだなどと言われます。

しかし自分の子供に対してひどい仕打ちをする親は、昔から一定数いました。むしろ今よりも人権意識が低く問題として可視化されにくいため、数は多かったかもしれません。私も横浜地裁にいた時に歴代の夫に自分が産んだ3人の連れ子を次々と殺すように仕向けた(と思われる)、「毒婦」のような女性が関係した事件の裁判をしたことがあります。仮にこの女性をB子と呼びましょう。

数年のうちにB子と結婚した夫たち全員が、B子と前の夫との間に生まれた子供を殺すという事件が続発したのは、1970年代のことでした。

子連れシングルマザーのB子は前夫の「子供1」を連れてCと再婚し、やがてCとの間に「子供2」が生まれます。その後、Cは連れ子である「子供1」を疎ましく思い殺害(傷害致死)し、刑務所に入ることになります。

起訴されない以上、踏み込めない

それがきっかけで二人は離婚。B子は「子供2」を連れてDと再々婚し、「子供3」を出産しますが、またもDが「子供2」を邪魔にして死に至らしめます。Dと別れたB子は次にEと4度目の結婚をしますが、EはB子の連れ子である「子供3」を疎んじて殺害してしまったのです。こうして数年のうちにB子は自分が産んだ3人の子供全てを、「次の男」に殺害されてしまいました。