昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ブランクの後の初仕事に「この機会を逃してはならない」「やれるぞ」、と……のん✕大友良英“7年目”の結論

 伝説的人気を集めることになる朝ドラのヒロインと音楽担当として、2012年に出会った2人。いまは共に音楽活動もする大友は、のんを“本物”と表現する――。

 

◆ ◆ ◆

最初の印象は「うわ、すごい猫背の子が来た」だったんだよ

大友 あれ、背伸びた?

のん はい。この7年で2センチ伸びました。

大友 ひょっとして、猫背が治ったから?

のん そうなんです。バレエを習っているんですが、その一環として姿勢を矯正したら背が伸びたんです。

大友 いいなあ。俺は劣化して横に広がるばっかりだから。じゃあ、俺もバレエ習ってみようかな(笑)。

のん ぜひご一緒に(笑)。

大友 朝ドラの現場に立ち会って、最初にのんちゃんを見た時の最初の印象は「うわ、すごい猫背の子が来た」だったんだよ。ピョコピョコと向こうから歩いてきた姿を覚えてる。

週刊文春WOMAN (vol.4 創刊1周年記念号)

のん あのドラマの撮影では、最初こそ「ちょっと姿勢を正して」とか言われてたんですけど、だんだん言われなくなって。

大友 そのうち、台本にもヒロインの猫背を指摘する台詞が現れたよね。

のん そうなんですよ。

大友 開き直って、猫背を生かそうということになったんだろうね。俺、猫背ののんちゃんも結構好きだったんだけどなあ(笑)。

のん あ、ありがとうございます(笑)。

大友 あの時何歳だった?

のん 19歳でしたね。

大友 もう7年も経つのか。

のん なので、今は26歳。