昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

独占告白 実弟が明かす梅宮辰夫の豪快伝説と晩年の姿

 12月12日に慢性腎不全のため死去した俳優の梅宮辰夫(享年81)。彼と亡くなる直前に会っていた実弟の捷雄(はやお)氏が、兄・梅宮辰夫の思い出を「週刊文春」に独占告白した。

 若い頃の梅宮は、とにかく車好きだったという。

「僕が高校生や大学生の頃は、当時、誰も乗っていないような外国のスポーツカーを数カ月おきに買い換えていました。マスタング、コルベット、リンカーン、サンビーム……『これどうだ』、『今度はこれだ』と言って見せてくれてね。僕なんか学生で無収入だったので、映画俳優ってのはすごいな、と思いました。たまに『お前、この車をあそこに持って行っておいてくれ』とお願いされることがあり、そのときに合鍵を作って、兄がロケなどで地方に行っているときに、こっそり乗り回していましたね(笑)」

梅宮辰夫さん ©文藝春秋

 また、女性にもモテモテだったという。

「結婚する前にはいろんな彼女がいて、その家に転がり込むような生活でした。それで、たまにケンカして追い出されると、一時しのぎで実家に帰ってくるような感じで。また新しい彼女ができると、実家を出て行く。親は『どうしようもないな』と怒っていましたね(笑)」

深作欣二監督、松方弘樹さんとの1枚。「仁義なき戦い」フィギュア発表会で(02年) ©文藝春秋

 亡くなる2カ月ぐらい前、姉から緊急の電話が入り、梅宮のもとに駆けつけた。

「姉に『兄がもう危ない。大変なのよ』と言われたので、急いで病院(新宿・国立国際医療研究センター病院)に行きました。到着したとき、兄は強い薬を打っていたせいか、意識が朦朧としていて、悶えているような状態だった。仰向けに寝て苦しそうな様子を見て、本当に死んじゃうのかな、この2、3日の間に危ないかもしれない、と感じてしまうほど、とても驚きました。ただ結局、命に別状があるという状態ではなく、薬のせいで意識がはっきりしていなかったようで、1時間ほどで帰宅したのです」