昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/12/20

鬼滅グッズがめっちゃかわいい!

──鬼奴さんは、そうやって“鬼滅ロス”を心配するほど愛読するだけでなく、グッズも買っていらっしゃるとか。

「炭治郎と同じイヤリングと、禰豆子が人間に嚙み付かないように普段口にくわえている竹の筒の形になるエコバッグだけですけど、どっちもアニメ化発表前にJUMP SHOP(集英社グッズの販売店)で買いました。2~3年前かな」

──このイヤリングは先日話題になっていましたね。

禰豆子のエコバッグ。バッグ部分を畳んで竹の筒に収納できるのがポイント。 ©平松市聖/文藝春秋

「前からちょいちょいイヤリングを付けてテレビに出ていたんですけど、買った当時はリアクションがなかったんですよ。でもアニメが始まったあとイヤリングをして『タモリ倶楽部』に出たら、テレビ画面を写真に撮ってツイッターに上げてる人がいっぱいいてびっくりしました。それで『鬼滅って今、こんなに大人気なんだ!』って思ったんです」

──そのアニメ版『鬼滅の刃』ですが、おっしゃる通り、今年の覇権アニメと言ってもいいほどの人気でした。原作ファンから見たアニメ版はいかがですか?

「正直に言っちゃうと、最初に声を聴いたときは『?』ってなりました(笑)。物語序盤の炭治郎は12歳だから、女性の声優さんが声を当てるのかなと思っていたので、こっちの予想をいい意味で裏切られた感じというか。実際、炭治郎役の花江夏樹さんご自身も『鬼滅ラヂヲ』で、『炭治郎の声は女性がやると思ってた』っておっしゃってましたし」

©平松市聖/文藝春秋

──『鬼滅ラヂヲ』ってアニメ宣伝用のWebラジオ番組ですよね。話が逸れるんですけど、鬼奴さんはもともとアニメグッズを買ったりアニラジを聴いたりする、いわゆるオタクですか?

「アニメに限らず、好きなものには自分なりに執着するんですけど、マニアの方に比べると中途半端ですよ。ラジオもたまに聴くだけだし、グッズも普段使いできるものしか買ってないですから。しかもイヤリングは1回壊しちゃったのを自分で修理して使ってますし(笑)」