昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「断じて許せない」大津園児死傷事故、53歳被告女性が保釈中に“出会い系”“ストーカー行為”

「断じて許せない」

 大津市の交差点で5月、車2台が衝突し、保育園児ら16人が死傷した事故。12月10日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた新立(しんたて)文子被告(53)の大津地裁での公判で、遺族らが意見陳述し、悲痛な胸の内を語った。

「法廷では犠牲になった2人の園児の父親らが、涙ながらに悲しみや怒りを口にしました。傍聴席からも嗚咽を漏らす音が聞こえていました」(全国紙記者)

保育園近くの歩道を散歩中の園児が犠牲に ©共同通信社

 事故は5月8日午前10時15分頃に発生。新立は乗用車を運転中、「考えごとをして」確認を怠ったまま右折し、対向の軽乗用車と衝突。軽乗用車が歩道上に突入し、信号待ちをしていた2歳の園児2人を死亡させ、別の園児と保育士計14人に重軽傷を負わせた。

 陳述では、亡くなった男児の父親が「突然家族を奪われ、毎日仏壇にお線香を上げ、返事のない写真に話しかけるつらさを被告は理解しているのか。生き返らせる術(すべ)があるならなんでもする」と訴えた。女児を失った父親は「娘の命を返してほしい。運転中に何を考えていたのか」と厳しく糾弾。意識不明が長く続いていた園児もおり、関係者の苦しみは癒えていない。

 検察側は「無謀な運転で起こるべくして起こった」と禁錮5年6カ月を求刑。弁護側は「2度と運転しない。謝罪と反省を深めている」と情状酌量を求めた。