昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ザギトワ引退騒動の裏で……“選手使い捨て”ロシアの指導法に批判の声

「私は去ります。新たな自分を探します」

 12月13日、フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)が、ロシアのテレビ番組で競技活動を休止すると発表。事実上の“引退宣言”として各国メディアが大きく報じたが、15日、自身のSNSで一転、「引退することは一切考えていません」と否定した。

4回転ジャンプに苦しんだザギトワ ©共同通信社

 なぜ若き女王は弱気な発言をしたのか。その理由を「勝てなくなり、自信を失ったからでしょう」と一般紙五輪担当記者は分析する。

「12月初旬のGPファイナルで最下位に終わり、ノーコメントを貫くほど大きなショックを受けていた。平昌五輪後、10センチ近く背が伸びて女性らしい体になったせいで、今季はジャンプの失敗が目立ちます」

 そのGPファイナルは優勝したコストルナヤ(16)、2位のシェルバコワ(15)、3位のトルソワ(15)と今季シニアデビューしたロシアの“少女”たちが表彰台を独占。ザギトワと同じエテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受ける後輩だ。

「彼女たちは高難度のジャンプが武器で、特にトルソワはフリーで5本の4回転ジャンプを入れる。男子でも5本はネイサン・チェン、羽生結弦のみです。ザギトワは今季フランス杯の後、『4回転ジャンプを跳ぶためには体重を落とす必要がある』と語っていましたが、『今後はもう勝てない』と心が折れているようにも見えました」(同前)

 実は彼女たちを育てたトゥトベリーゼの指導法が問題視されているのだ。