昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

あびる優、6年目の離婚 夫婦で食い違う発言 好感度アップできない「あの告白」

 あびる優(33)と格闘家の才賀紀左衛門(30)の離婚は、なんとも奇妙だった。12月13日、あびるがインスタグラムで離婚を報告。4歳の長女を〈大切に愛情いっぱいに育てていく〉と事実上のシングルマザー宣言だったが、2日後に才賀もインスタを更新。〈親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく〉と娘と生きる父親の決意を表明。2人の発言は見事にすれ違った。

 芸能デスクが解説する。

「才賀の話が事実。2年前に才賀がモデルとの浮気現場を写真誌に撮られて以来、喧嘩が絶えなくなった。その頃からあびるの夜遊びも復活。その間、娘の面倒を見ていたのが、お酒を呑めない才賀。父親に懐いた娘をあびるに任せるのが心配で、娘を連れて出て行ったとの見方です」

元女優の中山貴美子を母に持つあびる

 あびるは、麻布で歯科医院を開業する父を持つお嬢さん。15歳で「おはスタ」(テレビ東京)のおはガールとしてデビューした。明るい奔放な喋りを活かし、バラエティータレントとして活躍。10代の頃から田中聖(元KAT-TUN)やISSAとの熱愛が報じられるなど“恋多き女”でもあったが、ある騒動でイメージは地に墜ちた。2005年、「カミングダウト」(日本テレビ)でのことだった。