昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

あびるが告白した過去の“悪行”とは?

「タレントに過去を告白してもらい、回答者が嘘か本当かを見抜く番組。あびるは小3の時、『集団で倉庫荒しを繰り返し、店舗を閉店に追い込んだ』と告白。それが事実だったことで抗議が殺到した。あびるは事務所から2カ月の謹慎処分を言い渡され、番組も打ち切りになった」(放送記者)

 元々、トークでは木下優樹菜などと同じく“元ヤン”の素地を隠さなかったあびるだが、本物の犯罪行為となれば話は別。復帰を果たすも“ワル”のイメージは拭えず、本人も好感度アップの必要性にピンときていなかったようだという。

「同い歳で仲良しの沢尻エリカが“別に”発言でバッシングを受けた頃、一緒に飲み歩いては『なんで私たち、こんなに叩かれるんだろう』と愚痴をこぼし合っていたといいます。F1レーサーだった小林可夢偉(33)との熱愛など私生活は相変わらず好調だったが、バラエティータレントは好感度が命。それが回復しなければ仕事が尻すぼみになるのは必然だった」(前出・芸能デスク)

結婚会見当時のあびると才賀 ©時事通信社

 才賀とは交際半年足らずで14年9月に結婚、会見でもラブラブぶりを見せた。不調だった才賀は昨年8月、キックボクシングで結婚後初の勝ち星を挙げていたのだが——。

 慰謝料は無しの円満な別れというが、ジャッジの判定は割れそうな離婚劇。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー