昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“パワハラ医師”木下博勝&ジャガー横田「お車代出せ!」夫婦そろってタカリ三昧、ジャガーは病院上層部をビンタ

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 芸能, 医療

 エリート医師でタレントの木下博勝氏(51)が、2017年4月から2019年8月31日まで働いていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していた問題。「週刊文春デジタル」では、木下氏による壮絶なパワハラの実態を、被害者である同僚スタッフ・Aさんと管理職に就くBさんの告発に加え、暴言音声を公開し、詳報した。

 12月19日木下氏は報道各社にファックスを送り、「週刊文春デジタル」に掲載している自身の回答を引いて、「事実と異なる点が多数あります」と反論した。だが、木下氏の反論文書を読んだ颯心会の管理職であるBさんは怒りを隠せない。

「木下先生の助手につくことが多かったAは、先生から公開した音声にあるような言葉を日常的に浴びせかけられていたんです。木下先生はそれを『医療人としての将来に良くないと』と教育のためだったとおっしゃっているようですが、恫喝や人格否定は教育になるのでしょうか。頭を小突かれたり、蹴られたりすることは医療人として適切な行為なのでしょうか」

“恐妻家で気弱な夫”の裏の顔

“恐妻家で気弱な夫”というイメージの木下氏だが、スタッフにはパワハラを繰り返していたのだ。パワハラを一身に受けていたAさんもこう語っている。

「木下先生は『医者が一番偉い』という考えなんです。助手の僕やスタッフが気を遣うのは当たり前で、『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句でした。病院には内科の先生が多いのですが、『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すこともありました。『外科医は体育会系なんだ』と僕への暴言や暴行を肯定するような物言いをすることもありました」

腕を組む木下氏とジャガー横田氏(ジャガー横田氏本人のインスタグラム2019年9月5日より)

 木下氏はAさん以外のスタッフにも日常的に暴言を吐き、時には暴力を振るうこともあった。その言動が原因で、ドクター2人、ナース3人、事務員2人が退職を余儀なくされている。しかし木下氏が高圧的な態度で接するのは、仕事仲間に対してだけではない。別の仕事関係者Cさんが語る。

ジャガー横田氏に「お前はなにもわからないんだから黙っとけ!」

「木下先生と仕事について話そうと食事をすることになったのですが、その場にジャガー横田氏さんもいらっしゃいました。木下先生は常々待遇に不満があると言っていたので、自分から言いづらいことを強面のジャガーさんに言ってもらうつもりで呼んだのかなと思っていたんです。しかしジャガーさんが何か話そうとすると、木下先生が『お前はなにもわからないんだから黙っとけ!』と一喝した。こちらもびっくりするような厳しい物言いで……。それ以降、ジャガーさんは仕事に関することにはほとんど口出しせず、木下先生の話を黙って聞いていました」

©AFLO

 Bさんも木下氏とジャガー氏の“真の夫婦関係”を垣間見たことがあるという。

「ジャガーさんが木下先生のいないとき、私にポツリと漏らしたことがあるんです。『私は学もないし、家事も全く出来ない。収入もたくさんあるわけではないから、木下に養ってもらっているんだよね』と。ご夫婦がテレビで見せている顔は作られたもので、実際の家庭内での立場は木下先生のほうが上なんだなと思いました」

 仕事仲間へのパワハラのほかに、妻へのモラハラ疑惑。しかしBさんは「木下先生の問題はそれだけではないのです」と続ける。