昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「大阪には“シャブ銀座通り”がありますねん」 沢尻エリカ、ピエール瀧……芸能界へもつながる薬物ヤクザルート

2019/12/20

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 芸能, 社会

「シャブだけやなくて、たいがいのもんは手に入りますよ。〇〇さん(記者)が、まとめて買うてくれるなら、相場より安くしますんで」

 悪びれた様子もみせずこう話すのは、大阪で違法薬物の売買をしながら生計をたてているという男性だ。今時のファッションに、高級ブランドのバッグや腕時計を身に着け、その風貌からは、彼が“クスリの卸”を生業としているようには見えなかった。

※写真はイメージ ©iStock.com

 絶対匿名を条件に取材に応じた男性は、「(薬物を)個人には売っていない」と話す。

「個人へ売るとリスクがありますやん。せやから私らは、いわゆる売人にクスリを卸して、その売人が利益を乗っけて更に別の売人に売る。そうやって末端の売人が、小口にして個人客にクスリをさばいていくんです」

押収された覚せい剤は今年だけで2トン超

 2019年12月11日、福岡県警などが熊本県天草市の港で、約600キロの覚せい剤を押収したことが報じられた。この事件で、台湾人を含む11人が逮捕され、押収された覚せい剤の末端価格は、実に360 億円にも上るというのだ。

「昨年までの3年間に押収された覚せい剤は毎年1トンを超えているといいます。さらに、今年の上半期だけで、1.46トンもの覚せい剤を警察や税関が押収している。今回の熊本沖の密輸も含めれば、今年だけで2トンを超しており、末端価格にすると1200億円にもなるのです」(社会部記者)

※写真はイメージ ©iStock.com

“海上”から密輸する手口

 想像を絶する量の覚せい剤が蔓延している今、それが暴力団の資金源になっていることはいうまでもない。今回の熊本沖での密輸のように、近年、覚せい剤などの違法薬物は“海上”から密輸されるケースが多いと話すのは、ある暴力団関係者だ。

「小さな島が点在する沖合で取引することが多いです。島が取引場所の目印にもなるし、逃げ隠れするのに都合がいいですからね。例えば、台湾や韓国などから覚せい剤を積んだ船が沖合まで来て、浮き具を付けたクスリを海に放り込む。浮き具にはGPSをつける場合もあって、海上で別の船がクスリを回収し陸に運ぶ方法が多いですね」

 こうした方法は、“瀬取り”と呼ばれ、陸揚げされた違法薬物は、卸から末端の売人まで流れ、果ては一般社会に広がっていくのだが、芸能界もその一つだ。