昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

インフルエンザ38度の熱で死亡事故 「はとバスが夢だった」37歳運転手が起こした悲劇の裏側

「観光バスの運転士になることを決めた時から、業界大手のはとバスで働きたいと思っていました」

 4年前、「念願のはとバス」に転職した運転手は採用ホームページでこう夢を語っていた。だが12月4日、38度超の高熱でハンドルを握り、死亡事故を起こしてしまった――。

◆◆◆

 今年運行70年の「はとバス」は東京観光の代名詞的存在だ。今回の事故は六義園の紅葉観賞と寿司食べ放題のツアー中に起こった。

 社会部記者が語る。

「運転手は午前6時40分に出勤し、点呼では『健康状態に異常なし』と申告していた。7時40分から修学旅行の運行業務にあたった後、夕方からツアーを運行。食事後の乗客を迎えに行く途中、西新宿で停車中のハイヤーに追突しました」

バスは街路灯に衝突して停車 ©共同通信社

 路肩で作業していたハイヤー運転手の宮崎昭夫さん(52)が巻き込まれて死亡。逮捕された運転手の森聡一容疑者(37)は、後の検査でインフルエンザに感染していたことが分かった。

 一時釈放された森容疑者は「事故前後の記憶がなく、前日から風邪気味で葛根湯を飲んでいた。仕事に穴をあけると仕事が来なくなると思った」と語っている。

 亡くなった宮崎さんと幼少時から付き合いのある知人女性は、こう憤る。

「昭夫ちゃんは真面目で口数の少ない性格でね。ハイヤー運転手を長く続け、数年前に父親を亡くしてからは寝たきりの母親を一人で介護しながらの生活で、大変そうでした。事故を知った母親は『あの子は私を置いて先に逝っちゃった』と泣いていましたよ。インフルエンザで運転なんて、バス会社はどういう健康管理をしていたのでしょうか」