昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「疎外感をあたえない」急増する外国人ムスリムを円滑に受け入れるべき理由とは

2020年の論点100

2020/01/17

 日本政府は労働力不足に対応するために、2019年4月から新たな外国人受け入れ制度をスタートさせ、5年間で34万5000人を受け入れる計画でいる。

 そうした中、近年急増しているのが、ムスリム(イスラム教徒)だ。では、日本人は、特に文化や慣習にあまり馴染みがないムスリム移民や難民たちにどう向き合っていったらよいのだろうか。

©iStock.com

 現在、日本に滞在する外国人ムスリムの数は10万人余り、日本人ムスリムの数は1万人と見積もられている。目立って多いのはインドネシア、マレーシアの東南アジア諸国、パキスタン、バングラデシュの南アジアの人々だ。東京など大都市で多い職業はIT関連の企業関係者、郊外や地方では工場労働者で、中には中古車販売など個人経営者たちもいる。

国内で暮らすムスリムやムスリム観光客のために

 日本で暮らすムスリムがイスラムの宗教慣行を維持する場合、日本人が特に配慮しなければならないのは、1日5回メッカ(マッカ)に向かって行う「礼拝」と食べ物だろう。イスラムでは豚や酒類を口にすることを禁じている。近年は日本でもイスラム法で許容されたものを意味する「ハラール」認証されたレストランやホテル、食品販売が増えてきた。国内で暮らすムスリムやムスリム観光客を意識してのものだ。

 群馬県館林市には、ミャンマーで軍や仏教過激派から暴力的弾圧を受けて国際的ニュースになったイスラム系少数民族のロヒンギャ族が生活している。その数は、日本滞在300人のうち260人にのぼる。

 同市で「在日ビルマロヒンギャ協会」難民部門代表を務めるアウンティンさん(51歳)は、日本で子どもたちが暮らす上で不便を感じたことはないと言う。学校側によく理解があり、礼拝室を設けてくれたり、礼拝の機会を与えてくれたりすると語っていた。学校にはハラール食の弁当をもたせるのだそうだ。ムスリムの家庭の子どもが給食の代わりに、弁当をもって来ることに対し日本の学校でも理解が広がっているという。

 また、アウンティンさんは現在中古車の販売業を営むが、会社に勤めていた時も上司は礼拝に理解があり、仕事を休んで決められた時間に礼拝をすることができたという。

©iStock.com