昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/01

キレるドライバーの脳内では......

 現代社会では、暴力は許されないものと広く認識されていますが、ほんの少し時代を遡れば、教師の体罰や不良少年のケンカなど、暴力は巷にあふれていました。人類は現代人が思う以上に、暴力的な動物なのです。

 人類にとってキレることが本能であると認めた上で、あおり運転について考えてみましょう。あおりドライバーの執拗さを見ると、単純な怒りではなく、さまざまな脳内物質や脳の反応が複雑に絡みあっているように思えます。

 常磐自動車道で前方の車をあおった末に停車させ、男性を殴った事件がありました。そのケースをもとに、キレるドライバーの内面を分析してみましょう。

 40代の加害男性はBMWの大型SUVに乗っていましたが、実は高級車に乗るとテストステロンの値が上がることが実験で証明されています。テストステロンは男性ホルモンの一種で攻撃性を高めます。実験ではカローラとフェラーリで比較しているのですが、大衆車のカローラではテストステロン値にあまり変化が見られないのに対して、フェラーリに乗ると数値が格段に上昇したのです。

©iStock.com

 高級車だけでなく大型車に乗ったときも同様の結果になると考えられます。つまり、加害男性は大型の高級車に乗っていたため、「周囲の車より、俺のほうが強い」と優越感を得て、攻撃性が高まっていたと考えられます。

 また、道路を走っているとき、当然ながら周囲の車は見知らぬ人が運転しています。すると、人間は本能的に周りの車を味方ではなく敵だと思いがちです。それは防御本能が働くからです。

 加えて、追い越し車線なのに遅い速度で走っていたり、車線変更するときにウィンカーを出すのが遅かったり、自分の走行を妨害するような車がいれば、それは敵であり、攻撃すべき対象と判断して闘争モードに入ってしまうのです。