昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

千葉ロリコン教師に懲役14年判決「『味の検査』と称して目隠しをして…」約5年半、2つの小学校で女児7人が被害

2019/12/23

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 千葉県千葉市で約5年半にもわたって明るみに出なかった小学生7人が被害に遭った、小学校教諭によるわいせつ事件。強制性交罪、児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴された元教員・X被告(36)に対する裁判が12月23日、千葉地裁で開かれ、懲役14年(求刑15年)の実刑判決が言い渡された。

 黒のスーツに白いシャツ姿で入廷したX被告は、開廷前から落ちついた表情で判決を待っていた。検察官側には、被害者の家族などの関係者やその弁護士らが同席したが、衝立で大きく遮蔽され、傍聴席からその姿を伺うことはできない。

千葉地裁 ©共同通信社

約5年半、女子児童7人にわいせつな行為を繰り返した

 判決の言い渡しを前に、検察側から起訴状の表現を変更する訴因変更が行われた。前田巌裁判長に「付け加えることはないか」と問われると、「改めて謝罪したいと思います」と述べ、被害者の関係者らに深く一礼した。

「主文。被告人を懲役14年に処する」

 裁判長が判決文を読み上げると、証言台に立ったX被告は小さく「はい」と返事をした。「長くなりますので」と促されて被告人席に戻り、座って残りの判決を聞いた。

 判決によると、八木被告は2013年1月から18年7月までの約5年半、勤務していた2つの千葉市立の小学校の教室や倉庫で、当時6~12歳の担任していた女子児童7人に対し、児童の陰部を触ったり、X被告の局部を咥えさせたりするなどのわいせつな行為に計15回及んだ。

(写真はイメージで本文とは無関係です) ©iStock.com