昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《独占直撃》美魔女モデル 岩本和子が“熱海刃傷”不起訴で新生活スタート「入院して心のケアを受けていました」

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 芸能

 12月下旬、某所にあるマンションから1人の女性が出てきた。髪は胸辺りで切り揃えられ、黒のロングブーツに茶色のコートに身を包んだ彼女は、透き通った白い肌に健康的な表情を浮かべている。

 彼女は “熱海刃傷事件”で注目を集めた美魔女モデルの岩本和子(43)だ。4カ月前に拘置所で面会したときには頬がこけ、憔悴しきった姿だったが、本来の美しさを取り戻したようだ。記者が「ご無沙汰しています」と声をかけると、戸惑いながらもしっかりとした口調で語り始めた――。

岩本容疑者のファースト写真集「神秘」(光文社)。ドバイで撮影された

交際相手の男性の頬を切りつけた

 2019年5月18日、岩本は熱海駅で当時交際中だった男性A氏をカッターナイフで切り付けた。事件が起きたのは湯治客が行き交う新幹線の改札だ。新幹線ホームから駆け下りてきたA氏の頬を、うしろから追いかけてきた岩本が切りつけた。目撃した売店の店員は「真っ赤な切り傷からは、骨みたいなものも見えました」と語っている。

 事件直前、岩本はSNSに取り乱した様子で《皆さ、あお母さんさようなら どうか〇〇〇〇に極刑を……傘¥み様……かみさmあ》《警察は殺されないと来てくれない》《助けてください 殺されます》《相手 〇〇〇〇 理由 レイプによる妊娠》などと投稿している。なかには《2019年5月13日 16週4日》という直筆のメモとともに、胎児が写ったエコー写真もアップされていた。現役モデルが起こしたサスペンスドラマを彷彿させるこの事件は、連日ワイドショーで取り上げられる騒ぎになった。

岩本容疑者が被害者男性に切りつけた新幹線の改札 ©文藝春秋

 これまで「週刊文春デジタル」では7回にわたってこの事件について報じた。岩本自身にも拘置所での6回の面会と15通の手紙を通して取材を重ねてきた。

 事件の発端となったのは2019年5月。岩本はA氏との子どもを妊娠していることを知った。予期せぬ形ではあったが、岩本は取材で「人生で初めての妊娠だったんです。あの時は、女としての幸せに満たされていました」と妊娠した歓びを語っている。

 しかしその後、A氏と出産するか否かについて路上で話をしているときに1人の女性が通りかかる。その女性はA氏の妻で、岩本はそこで初めてA氏が既婚者であると知った。岩本は取材にこう答えている。