昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《チョグク氏逮捕状請求》自ら抜擢の「切り札」に足元をすくわれる文在寅大統領 韓国検察と全面戦争へ

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 国際

 妻ら家族の不正疑惑により辞任した韓国の曺国(チョ・グク)前法相が、ついに逮捕か否かの瀬戸際に立たされている。

 政府高官の監視と司法を担当する大統領府の民情首席室特別監察班が2017年、柳在洙(ユ・ジェス)前釜山副市長の汚職の監察を打ち切った疑惑をめぐり、韓国検察が職権乱用容疑で、当時の民情首席秘書官だった曺氏の逮捕状を請求したのだ。

 12月26日に逮捕状発付の審査を行う裁判所の判断は不明だが、大統領府は逮捕状請求に猛反発している。対する検察は、「検察改革」を進める文政権に真っ向から挑み、大統領のかつての最側近を逮捕する構えだ。韓国の大統領府と検察の対立は、露骨になっている。

検察から逮捕状請求された曺国・前法相 ©AFLO

“鬼”のいぬ間に逮捕状請求

 曺国氏の逮捕状が請求されたのは12月23日。ちょうどこの日、文在寅大統領は日中韓3カ国首脳会議に出席するため、中国・北京に向かった。この絶妙なタイミングでの逮捕状請求。虚を突いたもので、大統領府を刺激するには余りあるものだった。

 柳・釜山前副市長は、金融委員会に在職していたころの15~16年に金融業者など複数から計4950万ウォン(約470万円)相当の金品などを受け取り、便宜を図った収賄罪などで今年11月に逮捕。12月13日に起訴された。かつて盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の随行秘書などを務めた柳被告は、盧政権では、当時大統領府民情首席秘書官だった文在寅大統領の部下だった。その人物の汚職の監査を、文大統領の盟友である曺氏が打ち切った疑惑が持たれているのだ。

 これまで検察は12月中旬に2回、曺氏から事情聴取した。曺氏は「政務的な最終責任は私にある」と、監察打ち切りを認めながらも、「把握できた不正は軽微なものであり、正常な手続きに従った」と法的責任は認めていないという。検察としては、曺氏が内部監察で重大な違法容疑を把握し、「裁量権を超えた職権乱用に該当する」不正と捉えている。

 一方、大統領府は23日、いかなる措置を取るかについては「大統領府の権限であり、そのような決定の際、いちいち検察の承諾を受ける機関ではない」と検察の逮捕状請求を批判するコメントを出し、強い不快感を示した。

 また、大統領府は「民情首席室は、柳被告の同意があれば監察調査をできたが、(柳被告に)拒否された」と監察中断に至った理由を説明。確認した違法容疑を柳被告の所属機関に通報したともいう。