昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

剛力彩芽「私を信じてください」と涙……前澤氏と破局で激ヤセか

「仕事をせずに月旅行の準備だけでいいのか」と悩んでいた…

「仕事をせずに月旅行の準備だけでいいのか」

 剛力は「芝居は好きで、舞台もテレビも辞めたくはない。でも、仕事をせずに月旅行の準備だけしていていいのか」と不安が募り、特に「前澤氏に自分の言葉が伝わらない」ということを悩んでいたようだ。

「彼女が懸命に『付き合ってはいきたいが、仕事にも戻りたい』と説明しても、前澤氏には『もう、そういうのいいから』といなされてしまった。そんな剛力を所属事務所は非常に心配していました」(前出・知人)

 前澤氏との交際で“色”がついてしまった剛力は、多くのCMの仕事、そして周囲の信頼を失った。

「交際当初、『彼と一緒にいることを優先したい』という剛力を、事務所関係者は叱ってみたり、やさしくなだめてみたりした。でも、彼女の真意は見えませんでした」(同前)

前澤氏は新事業の“側近”を募集中

「演技の幅が広がったはず。前澤さんに感謝しなければ」

 破局後、事務所側が「本気で仕事復帰するなら、もう隠しごとをせずに心の内を教えて欲しい」と伝えたところ、剛力は「これからは私のことを信じてください」と、初めて泣きながら訴えたという。

 所属事務所は一連のやりとりについて「特にそういうことはないと思います」。また“激ヤセ”したことは「もともとの体質があるので、あまり関係ないと思います」と回答した。

 破局が公になってからも、剛力はバラエティ番組やラジオなどで“未練”を少しずつ吐露している。

「最近はさらにふっきれたのか、『わたしは演技の幅が広がったはず。そのことは前澤さんに感謝しなければいけない』と言っていました。前澤氏の“呪縛”から逃れようとしても逃れられない、過渡期にあるように見えます」(前出・知人)

 これからは一皮むけた演技と、“シアワセ太り”を期待したい。

この記事の写真(5枚)

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!