昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

大統領候補と無職のダメ男が恋をした 「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

ジャーナリストのフレッド(セス・ローゲン)は、勤務する会社が政治信条の異なるメディア王に買収されたことに激怒し、勢いで辞職してしまう。親友に誘われたパーティーで初恋の女性・シャーロット(シャーリーズ・セロン)に偶然再会し、2人は思い出話で盛り上がる。米国国務長官として活躍する才色兼備のシャーロットは、次期大統領選への出馬のために、フレッドをスピーチライターとして採用する。世界を公務で飛び回りながら彼の原稿を読むにつれ、シャーロットは理想に燃えていた若き日の自分を思い出し、自分を深く理解してくれているフレッドに惹かれていくが……。

〈解説〉

超エリートの年上女性と無職男性の恋を描くロマンティック・コメディ。『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督作。125分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆シンデレラ物語の男女逆転版というのは面白いが、S・ローゲンにそれ程の魅力は感じられず。細かいクスグリを楽しむ。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆ジェンダーの逆転より、C・セロンの「エレガントなアホ」を楽しみたい。速い芝居を磨けば、さらにコメディを攻められる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆シャーロットが物怖じしない国務長官でフレッドが忖度しない記者だから楽しめた。ダメ男を支える話じゃないのがいい。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆やんちゃな精神を失わずに政治劇とラブコメを両立させる米映画の底力。芝居の器がデカいC・セロンに改めて惚れた!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆セロンのエレガンスと機知。風変わりなローゲン。ヒラリー的大統領候補と失業男のペアリングは愉快だがネジが緩い。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

INFORMATION

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」(米)
1月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
http://longshot-movie.jp/

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!