昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“あおり運転”宮崎文夫、新たな被害者が告白「車で連れ回された後、突然暴行された」

「自分の思い通りにならなかったためか、いきなり火がついたように怒り出した。殴る蹴るの暴行のうえ、後ろから引き倒され、踏みつけられたのです」(宮崎の仕事仲間)

 2019年8月10日、常磐自動車道で乗用車を執拗にあおった挙句、運転席に座る若いドライバーを殴った事件。逮捕された会社役員の宮崎文夫容疑者(44)には、別の暴行事件の“容疑”がかけられていた。

◆ ◆ ◆

宮崎容疑者

“あおり運転”事件の顛末を担当記者が解説する。

「9月25日から水戸地検により宮崎容疑者の刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置が行われ、12月23日に満期を迎えました。宮崎は、昨年3月に京都でタクシー運転手の監禁事件を起こし逮捕されていますが、このときは保護観察処分となっています。しかし今回は責任能力ありと判断された。近く起訴されると見られています。(※12月27日、水戸地検に強要と傷害の罪で起訴された)」

自宅マンションは差し押さえ

 逮捕から約4カ月。この間、宮崎が大阪市に所有する7階建ての自宅マンションは税務署、クレジットカード会社など、複数の債権者によって差し押さえられていた。

 11月には個人債権者の申し立てにより、マンションの競売が始まっていた。この債権者が明かす。

「私が持っているのは損害賠償債権です。彼自身は年収が8000万円あり、資産も数億円あると豪語していましたが、このマンションの他、競売にかけられる資産が見当たらなかった」