昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

仕事仲間に突然殴りかかった宮崎

 一方で、宮崎は、別の“暴行事件”を起こしていた。被害者で、宮崎の仕事仲間だった男性が語る。

「去年8月、私の職場をふらっと訪れた宮崎から『飯でも食いませんか』と誘われたのです。真夏にもかかわらず全身黒尽くめのスーツにサングラス姿。車で連れ回された後、彼の事務所で片付けの手伝いをさせられた。そこで私が彼の指示通りに動かなかったことで、突然、激昂し、殴りかかってきた。この件は、警察にも相談しています」

 宮崎は別人のように振る舞うこともあるという。

「商談に同席したことがありますが、そのときは普通に対応するんです。何を考えているか、全く読めない。別の仕事仲間は『ヤクザだ』といって、彼と縁を切っています」(同前)

宮崎容疑者のインスタグラムより

“ガラケー女”は「あちゃー」と下を向いた

 その宮崎と行動を共にしていた“ガラケー女”A子(51)は犯人隠避容疑で逮捕されたが、9月に罰金30万円を納め、釈放されていた。

 面会した友人が語る。

「落ち込んでいる様子はなかった。私が『高速道路で車を停めたら殺人にも繋がるんだよ』と諭すと、小声で『それは取り調べでも言われた』と。宮崎について『カレが、カレが』と親しげな口ぶりだったけど、現在、2人がどうなったかは分かりません。あれだけ世間を騒がせていたのに、彼女は新聞の見出しぐらいしか目にしていなかったようでした。『世間で大騒動になっているよ』と告げても、『あちゃー』と下を向くだけでした」

 釈放後は、身元引受人の知人が手配した神奈川県内の物件に身を寄せていたという。その身元引受人にA子への取材を申し込んだが、

「取材は断るように本人から言われている。生活がありますから、もちろん仕事はしています」

 2人からは未だに反省の言葉は聞こえてこない。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー