昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《ジャガー横田も知らない》木下医師が病院からの”呼び出し拒否”の夜に悪質セクハラ疑惑【写真入手】

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 芸能, 医療

 2019年12月17日から「週刊文春デジタル」が報じている、医師でタレントの木下博勝氏(51)の問題。当時働いていた「社団医療法人 颯心会」の従業員の告発に加えて暴言音声などから、木下氏のパワーハラスメントや、プロレスラーで妻のジャガー横田(58)とともに同会に対して過剰に金銭を要求していたことが明らかになっている。

木下氏 ©AFLO

 木下氏は数々の疑惑に対しての見解を記した文書を、メディア各社に送付。「私の発言で間違いありません」と認め、告発者の1人で准看護師である束原康寛氏に対して「かけた言葉の中には、行き過ぎた表現もありました。一人の人間として反省しております」と謝罪した。しかし一方で、「事実と異なる点が多数あることについては申し添えておきます」ともしている。

 そのひとつが颯心会からの電話呼び出しである“オンコール”を、木下氏が複数回、断ったという病院側の主張だろう。木下氏は「週刊文春デジタル」の取材に対し、文書で否定している。オンコールとは病院から電話連絡があればすぐに対応し、場合によっては病院に駆けつけなければならない医師の勤務形態のことだ。

【困ったらすぐ電話 24時間緊急コール】

 颯心会のクリアファイルには【困ったらすぐ電話 24時間緊急コール】と謳われている。中央には、満面の笑みの木下氏の全身写真が印刷されている。

颯心会のクリアファイルには笑顔の木下氏の写真の横に「困ったらすぐ電話」の文字
ファイルの裏面は妻のジャガー横田

 告発者の1人で、颯心会の管理職に就くBさんはこう主張していた。

「オンコールではその日に患者さんを診た医師が駆けつけるルールなのですが、木下先生は緊急の場合でも『看護師に行かせろよ、わざわざおれが行く必要あるか』などと言って行こうとしてくれないんです。僕らがなんとか頼み込んで行ってもらうのですが、患者さんの前でも不機嫌さを隠すことはなくずっと無愛想なまま。患者さんに聴診器すら当てずに帰ることもありました」

 対して木下氏はこのように回答している。

《オンコールの依頼は一度だけありました。何故僕に電話が来るのか不思議でした。その時は19時ごろだったように記憶しておりますが、事務長のB君(回答では実名)から依頼の電話がありましたが、確か、何かの会の幹事をしていたので、悪いけれどもすぐには行けない。遅くであれば対応できるかもしれない旨を伝えた事はありました》

 Bさんは「依頼は複数回」、木下氏は「依頼は1回」と異なる主張をしている。

「今は赤坂で飲んでいるから行けない」

 ただ、記者が気になったのは、Bさんが繰り返し口にしていた次の証言だ。

「特に夜間のオンコールには頑として対応しない。木下先生が担当している患者さんの容体が急変して電話をしても、『今は赤坂で飲んでいるから行けない』と1度も対応したことはありませんでした」

「木下先生からは『赤坂で飲んでいる』ことを理由に(オンコールを)複数回断られています。赤坂には木下先生が頻繁に通っている店があり、かなり入れ込んでいるようでした」

 さっそく取材班は木下氏が足繁く通っていたという、東京・赤坂の外国人クラブ「Z」を取材した。すると、木下氏はつい最近までその店の常連であったことは、すぐに確認できた。そして、そこでも木下氏は”別の問題”を起こしていた。