昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「鬼滅の刃」で紅白出場の“アニソンクイーン”LiSA イケメン声優と一つ屋根の下で交際継続中

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 音楽

「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場を決めたアニメソング・アーティストのLiSA(32)。公式ネット番組「直撃!週刊文春ライブ」では2018年7月30日放送で、声優・鈴木達央(36)との同棲・お花見デートを報じた。その後、一部では破局説が流れていたが、12月中旬、「週刊文春デジタル」が改めて取材をすると、現在も交際は順調で同じマンションで暮らし続けていることがわかった。

12月18日、自宅を出発するLiSA ©文藝春秋

「鬼滅の刃」コミックスは累計2500万部突破

 2019年は、LiSAにとって飛躍の年だった。

「LiSAが紅白で歌う『紅蓮華』は、今年ヒットした人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌。アニメの影響で原作のコミックスの売り上げは6.5倍に跳ね上がり、累計2500万部を突破した。LiSAは海外からも注目されるアーティストになりました」(アニメ雑誌ライター)

12月15日、横浜のライブ会場を出る鈴木 ©文藝春秋

 12月11日にリリースした新作「unlasting」も絶好調。12月23日付の「Billboard JAPAN HOT Animation」では「unlasting」「紅蓮華」が上位1、2位を占めている。

「『unlasting』は失恋をテーマにした曲で、作詞はLiSA。この新曲はテレビ番組で『自身の失恋経験から生まれた』と紹介されており、番組で切ない歌詞を歌い上げる姿から、『鈴木との交際が終わったのでは?』とファンの間で話題になっていました」(同前)

 背景には、鈴木のファンへの配慮があるかも知れない。