昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ヤクザを続けたくない」が圧倒的多数 令和の暴力団組員の本音

「山口組は窮地に立つほど進化する」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

「ヤクザ続けたくない」令和の暴力団組員の本音

ヤクザから見た安倍首相は「覇気がない」

「線が弱い。覇気がない。あの迫力では相手を打ち負かせない」

これは週刊ポスト(1/3・10号)に掲載された「ヤクザ世論調査 現役組員100人に聞きました」にある安倍首相の評価だ。なるほど当たっている。

ヤクザというのは政治が好きらしい。ヤクザになっていなければ政治家になっていたと公言する親分たちが多いそうだ。

写真=時事通信フォト 刑務所を出所した指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭(中央)=2019年10月18日、東京都港区のJR品川駅 - 写真=時事通信フォト

ハマコー(浜田幸一・故人)なんかは、ヤクザが政治家になったといわれても、そうだろうなと思うしかなかったが、そんな政治通のヤクザたちは安倍首相を評価していないというのである。

東京オリンピックに関しては賛成が多いそうだ。なぜなら、前の東京オリンピック(1964年)では建設現場に作業員を派遣したりして、えらく儲けたそうだから。

山口組の分裂抗争については、回答無し、そう簡単には収まらないという見方が多いようだ。

「自分たちの組の上の人間からまったく説明がない。何があったか知りたければ週刊誌を読むしかない。今はネットで即時に情報が流れるが、その分ガセが多い」(関西独立組織幹部)

「これからも続けたいか」という質問に対しては…

では景気についてはどうか。“悪い”が80%を超えている。意外なのは、かなりの人間が民間の生命保険に加入しているそうである。だが、妻が亡くなっても、暴力団という反社会勢力が受取人では払えないといわれ、今まで払った保険料だけ返金してきたところもあったという。

以前は健康保険証を持っていないヤクザもいたが、今は他人名義を使用すると詐欺罪になるから、国民保険には全員が加入しているという。

国民年金を約1割が支払っていて、以前払っていたというのを加えると、3割近くになるという。“今は年金保険料は払っていない”が約7割。

なぜなら、暴排条例でヤクザは表の仕事ができないことになっているし、銀行口座も持てない。表向きヤクザは無職でなければならないから、無職で無収入。したがって住民税も健康保険料も最低クラス。年金は申請すれば免除になるが、支給されるかどうか。