昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

知人の証言「この離婚の話を私が聞いたのは……」

「この離婚の話を私が聞いたのは、今年7月の終わりでした。2人は離婚しようと動いていると。しかし、その後にタピオカ騒動があり、タピオカ店店主の自宅に謝罪で訪問した際は、藤本さんも同行しています。離婚するからといって見放したりはしていませんでした」

タピオカ店店主に対する「こっちも事務所総出でやります」という恫喝文句が話題になった ©文藝春秋

 2人はすでに別居しているとも報道されているが、知人はそれを否定した。

「別居はまだしていません。2015年5月4日に放送された『1分間の深イイ話×しゃべくり007春のモテ男&モテ女 合体SP』(日本テレビ系)で、『2人の35年ローン』と紹介された自宅からはだいぶ前に引っ越していますが、それも家族揃っての引っ越しで離婚とは関係ない。2人にとってとにかく子供のことが最優先のようで、離婚が成立した後、しっかりと別居など離れる段取りをすると話していました」(同前)

 離婚発表の前日、生放送には藤本の姿が。

「30日に生放送された『クイズ☆正解は一年後』(TBS系)に藤本さんは途中から駆けつけ出演。今年は吉本の“闇営業”問題を巡る騒動で去年のVTRが全て使えず、異例の全て静止画で去年を振り返るスタイルでした。駆けつけてすぐの話題が“今年離婚した芸能人”というテーマでしたが、笑顔が引きつっているように感じました。その後の口数も少なかった」(テレビ局関係者)

 活動休止中の木下は友人を自宅に招くなどしていた。木下の知人が明かす。

「木下さんの姿を久しぶりに見たのは、木下さんのお友だちのInstagramでした。11月15日の投稿には『優樹菜のお家でスッピンparty』という文章とともに、すっぴんの木下さんとの写真やご飯の写真、寝ている木下さんの写真も投稿されていた。

友人のInstagramに映る、活動休止中の木下を写したと思しき写真

 活動休止中もそんなに気に病んだりはせず、変わらない日常を過ごしていると聞いています。タピオカ騒動の発端になった姉とは、そんなに連絡を取っていないと聞いています」

 タピオカ騒動はまさに”泣き面に蜂”だった。

この記事の写真(8枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー