昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

浜崎あゆみ実母が語った「代理出産」「本当の体調」

 元日深夜、公式ファンクラブサイトで出産を報告し、世間を仰天させた浜崎あゆみ(41)。1月上旬、「週刊文春」の取材に対し浜崎の実母がその心境を初めて明かした。

 妊娠中にもかかわらず浜崎は、昨年の5月から8月まで全国ツアーを敢行していた。

「出産1カ月後の昨年の大晦日にはカウントダウンライブを開催。あまりの超人ぶりに親しい関係者でも『代理母出産ではないか』と疑っていました」(スポーツ紙記者)

二度の離婚歴がある ©文藝春秋

 そんな浜崎は現在、都内随一の高級住宅街にある10億円豪邸とも言われる自宅で実母とともに暮らしている。

「エイベックス内で“女帝”と言われる浜崎ですが、意外なことに母親の言いなり。外食は好まず、口に入れるのは母親が作ったものばかりという徹底ぶりです」(音楽関係者)

エイベックス松浦勝人氏とかつて交際していたことを明かした自伝的小説「M 愛すべき人がいて」は16万部のヒット

「週刊文春」記者が浜崎の母親に声をかけると、開口一番、「いっぱいの祝福をいただいて有難いばかりなんですけれども」と目尻を下げながら、取材に応じた。

――出産1カ月でライブをするというのは凄いですね。

「そうですねー、でも今もう骨盤がダメです。体調がちょっと芳しくないんですけどね。自分が選んだことですからね。(骨盤が)緩んでいますから通院しております。おかげさまで皆さんに守られておりまして」

――世間で代理母出産などと言われています。

「もちろん本人ですよ(笑)」

――ご自身で育てられるということで。

「はい、もちろん。まあ、留守中は、そう(母親が面倒を見るということに)なりますけども。こんな楽しいことはございません」

結婚の予定はないという ©共同通信社

 1月9日(木)発売の「週刊文春」では浜崎の実母へのインタビューに加え、子供の「父親」についても詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー