昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

山本氏の知事選出馬は「合理的」である理由

 都連関係者が声を潜める。「実は、山本氏が6月にも知事選への電撃出馬を宣言するとの説が駆け巡った。それを受けて二階氏が仕掛けた調査だろう」。仮に調査で小池氏がトップならば党が小池氏に乗るべきだという材料となり、山本氏がトップならば「保守分裂の選挙では山本氏が漁夫の利を得るぞ」と丸川氏擁立論を牽制できるというわけだ。

山本太郎氏 ©文藝春秋

 政治部デスクも「山本氏の知事選出馬は合理的だ」と語る。山本氏は最近、衆院選で立憲民主、国民民主、共産などとの野党共闘路線にのるかどうか悩んでいるが、「衆院選で共闘すれば、山本氏とれいわの存在感が一気に失われる。山本氏自身がそれをよく分かっている」(野党幹部)。一方、立憲の枝野幸男代表は、昨夏の参院選で「野党のカリスマ」の座を山本氏に奪われ、ライバル心を隠さない。「山本氏が知事選の野党統一候補になってくれれば、山本氏も埋没せずにすみ、枝野氏にも利がある」(前出・デスク)。桜を見る会やカジノ疑惑で与野党の激突が予想される通常国会。その裏では、都知事選をめぐる駆け引きも激しさを増しそうだ。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー