昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「なぜスタバはタピオカを入れないの?」商品開発担当者に聞いてみた!

「スターバックスの価値観に合うかどうかで判断している」

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 商品

スタバが「タピオカは入れない」と断言するワケ

2019年に一大ブームを巻き起こしたタピオカ入りドリンク。専門店だけでなく大手コーヒーチェーンも導入するなか、最大手のスターバックスは「タピオカ入りの商品をつくる予定はない」という。なぜなのか。経済ジャーナリストの高井尚之氏がスタバを直撃した――。

提供=スターバックス コーヒー ジャパン 新商品の「あずき きなこ わらびもち 福 フラペチーノ」。1月16日まで販売している。 - 提供=スターバックス コーヒー ジャパン

2019年流行語・ヒット商品の“顔”に

2020年の年が明けた。まずは昨年、話題を呼んだ現象を紹介したい。

飲食業界においては「タピオカ」ブームだろう。年末、メディアでは恒例の、(1)ユーキャン「新語・流行語大賞」のノミネート語、(2)「2019年ヒット商品ベスト30」(日経トレンディ2019年12月号)、(3)「日経MJヒット商品番付」などが発表された。

タピオカに関しては、(1)が「タピる」(タピオカドリンクを飲む、の意味)でトップ10入りし、(2)は2位にランクイン。(3)は西の大関に選出された。

このタピオカと近しい分野の人気商品がある。スターバックスの「フラペチーノ」だ。今回はその横顔を紹介しつつ、消費者心理の視点から両者を考えたい。

甘いフラペチーノに塩味のポテチが入っている

以前より特別感がなくなったが、「年末年始」は世の中が華やぐ時季だ。2019年12月、相次いで2種類のフラペチーノが、スターバックス コーヒー ジャパンから発売された。

・「サンタブーツ チョコレート フラペチーノ」
2019年12月4日から12月25日までの限定販売。690円+税。515キロカロリー

・「あずき きなこ わらびもち 福 フラペチーノ」
2019年12月26日から2020年1月16日までの限定販売。590円+税。506キロカロリー

クリスマスを意識して発売されたのが前者で、主に正月を意識したのが後者だ。

「12月は『今年頑張った自分にごほうび』という思いを持つ人も多いのではないでしょうか。『サンタブーツ チョコレート フラペチーノ』は約2年かけて開発した商品です。商品名は、長靴に入ったお菓子セットから名づけました。チョコレート、クッキー、ポテトチップ、といったお菓子を詰め込んだ、サンタブーツをモチーフにしたフラペチーノです」