昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中国で流行中! それでも未だ謎の「新型コロナウィルス」とは?

日本は世界的に感染症対策に遅れている

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

中国で発生 謎の新型コロナウイルス肺炎とは

何が「分かって」いて、何が「分かってない」のか

 

 今回は特別編です。中国で流行している謎の肺炎についてお話しします。

 一般的に僕たち専門家は「分かっていること」を説明します。分からないことは、説明できない。当たり前ですね。でも、医学・科学の世界には分からないことは山ほどあるのです。おそらくは、分かっていること以上に分からないことは多いのです。

 分からないことが分かっていることより、どのくらい多いのかと言うと、それすらもよく分からないのですが、大事なことは分かっていることと分からないことの区別ができること。何が分かっていて、何が分かっていないかということが理解できること。分かっていないということが分かっているということが分かっていないということが回避できること……って、こんな落語みたいな話をしているときりがないので本題に入ります。

SARS(重症急性呼吸器症候群)流行 2002年~03年

 昨年12月以降、中国の武漢で謎の肺炎が流行しています。武漢は中国内陸部、湖北省にある都市で、長江が流れています。59人の方がこの肺炎にかかりました。そのうち7人は重症の肺炎になったそうですが、本稿執筆時点ではこの肺炎による死亡者は出ていません。 国際感染症学会(ISID)が感染症情報を提供するメーリングリスト、ProMEDによると、1月8日時点で8人は回復して退院したそうです(https://promedmail.org/)。

 中国で謎の肺炎と言えばSARSが思い出されます。SARSは重症急性呼吸器症候群(Severe acute respiratory syndrome)の略で「サーズ」と読みます。2002年から03年にかけて、中国の広州を中心に流行した肺炎で、これまで知られていなかった新しいウイルスが原因でした。

 現在では、このウイルスはSARSコロナウイルスと名付けられています。おそらくはハクビシンのような動物から人に感染したのだろうと推測されています。広州から香港や北京、そしてカナダやドイツなどいろいろな国に飛び火して多くの患者が世界中で発生し、大問題になりましたが、03年夏以降パタリと流行は収まり、その後再流行は起きていません。あれはいったいなんだったのか。ぼくは03年の夏から北京のクリニックで診療をしていたのですが、まーこの、SARS対策は大変でした。