昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

写真映えってなに? 伝説の写真家が教えてくれる「眼の歓び」という“たった1つのコツ”

アートな土曜日

2020/01/11

 スマホか何かで写真を撮るとき、すぐ一段階レベルアップできる簡単な方法がある。

 被写体を、反射するもの、光るもの、小さくてたくさんあるもの、揺れたり蠢いたりしているもの……。そうした「写真映え」することがらのみに絞るのだ。

 すると不思議、画面にはきっと輝きと躍動感が生じてくる。

 この法則をみごとに活用した、格好のお手本となる写真家がいる。ニューヨークの街でカメラを掲げ続けた、ソール・ライター。彼の名作を集めた展示が始まっている。東京渋谷、Bunkamura ザ・ミュージアムでの「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展。

ソール・ライター 《レミィ》 1950年頃、ゼラチン・シルバー・プリント ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《『Harper's BAZAAR』》 1959年2月号、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation

生命感にあふれた写真の数々

 ソール・ライターは1923年、米国ペンシルバニア州ピッツバーグの生まれ。画家になることを夢見て20代でニューヨークに出た。写真にも関心を示すようになり、1950年代からはファッション・フォトグラファーとして華々しく活躍する。

ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》 1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント ⒸSaul Leiter Foundation

 80年代あたりになると商業写真の世界からは身を引くかたちとなり、いったんは表舞台で名前を見かけなくなった。ところが2006年に過去作品を集めた写真集が出版されると、「カラー写真のパイオニアだ!」と世界的な話題となる。

 そのときすでに80歳を過ぎていた。2013年に没したあとも、人気は衰えることなくいまに至っている。

 会場にずらり並んだ彼の作品を観ていくと、風景が写り込んだ窓ガラス(反射するもの)、信号機や車のテールランプ、雨に濡れた路面(光るもの)、窓にびっしりついた雨滴や空からしんしんと落ちてくる雪(小さくてたくさんあるもの)、離れた位置から眺めた群衆や車列、または女性の髪(揺れたり蠢くもの)……。「写真映え」するものばかりをカメラで切り取っているのがわかる。

ソール・ライター 《黄色いドット》 1950年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《帽子》 1960年頃、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《無題》 撮影年不詳、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《無題》 1960年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation

「写真映え」する要素はどれも生命の根源に通ずるもので、それらが写っていると画面が輝き躍動するのは、動かない絵から生命感を得られるからだ。ソール・ライターの写真が時を経てもキラキラとしているのは、まさにその効果。「写真映え」するものの群れによって、どの写真にも生命感が横溢している。そうした写真が積み重なることで、展示全体からはニューヨークの街の息吹きみたいなものまで伝わってくる。