昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「同期に負けたくない」で住宅ローンを組んだ30代夫婦の誤算

「同期の家」に嫉妬メラメラの妻が……

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

「同期に負けたくない」で家ローン組む人の誤算

マイホームはどんなタイミングで購入すればいいのか。ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは「私のところに『同期に負けたくない』と住宅購入を決めた人が相談に来ました。競争心で衝動買いをすると大変なことになります」という――。(前編/全2回)

写真=iStock.com/kieferpix ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kieferpix

「負けるもんか、あいつが家を買うなら俺も」で泣きを見る人

マイホーム購入のきっかけは、結婚や出産、子育て、転勤・転職など、個々人のライフプランの変化という人が多い。

しかし、多額の住宅ローンを組んでマイホームを購入するともなれば、注意すべきは購入時期だけでない。自己資金や返済計画はもちろん、物件選びから間取り、周囲の環境がどうかなど、慎重に計画を練るための時間と労力が欠かせない。

それにもかかわらず、十分な準備や検討を重ねずに勢いでマイホームを購入する人がいる。特に、会社の同期社員が家を購入すると聞き、「負けるものか、あいつが買えるなら、ウチも」と購入を決め、その後に後悔している30代ビジネスパーソンからたびたび相談を受ける。彼らの事例を紹介しながら、前編・後編の2回にわたり、ファイナンシャルプランナーとして、何が問題だったのか、どうすべきだったのか考えてみたいと思う。

まだ住宅購入は先だと思っていたのに4000万円物件を買ったのか

<家族構成>
本人・田村祥太さん(32歳)正社員 年収600万円
妻・亜子さん(32歳)契約社員 年収400万円
長女・亜里沙さん(3歳)

田村祥太さん(仮名・32歳)さんは、約1年前に都内にマイホームを購入した。妻の亜子さん(仮名・32歳)は、もともと会社の同期で28歳の時に結婚。妻は長女出産(現3歳)を機に退職したが、現在、別の会社で契約社員として働いている。

田村さん夫婦は、結婚してから、賃貸マンション(家賃12万円)で暮らしていた。子どもが成長して手狭になりつつあったが、通勤に便利な立地で、近所にはスーパーやドラッグストア、総菜店などが並ぶ商店街もある。仕事や家事、育児で忙しい毎日を送る夫婦にとって、とても住みやすい環境だった。