昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

30歳を過ぎたら同期の新居に行ってはいけない

ほとんどお金もためられない。老後資金はどうすればいいのか

まさに、「こんなはずじゃなかった」のオンパレードだった。

今、祥太さんは、この先行き不透明な時代に、増え続ける子どもの教育費や生活費をまかないながら、何十年も続く住宅ローン返済をちゃんと払っていけるか不安を感じている。

これらを何とかまかなえたとしても、今の状態ではほとんどお金がためられない。自分たちの老後資金はいつ、どうやって準備すればいいのか。

もし、自分や妻がどちらかでも仕事を辞め、収入が減ったり、なくなったりしたらどうすればいいか。

マイホームを買うにしても、もっと時間をかけて自己資金を準備するなど、慎重に計画するべきだったのではないか。

いまさらながら、同期が家を買うと聞き、ほとんど勢いだけで買ってしまったような気がしてならず、自分の考えの浅はかさに後悔しきりの祥太さんだった。

30代ともなれば仕事やポジションで給与格差が生まれている

住宅購入のタイミングは人それぞれケース・バイ・ケース。なかには、事例に登場した田村さん夫婦のように、「同期が買うと聞いて」というケースは珍しくない。

ただ、冷静に考えると同期と自分の共通点は「入社年が同じ」ということのみ。それ以外の条件や状況は、田村さんとAさんのように、物件や資金計画、親からの援助、生活スタイル、価値観など、まったく異なる。

年収ひとつとってみても、今どきの企業は年功賃金から成果主義の給与制度に移っている場合も多く、「社会人3年目の25歳を過ぎたら同期に給与明細は見せられない」と言われる。30代ともなれば、確実に仕事やポジションによって格差が生まれているのだ。一般的に、賃金水準がピークに達する50~54歳になると、賃金格差はもっとも拡大する。

その頃には、住宅ローンが終わって、余裕で老後資金準備にも取りかかれそうなAさん夫婦と、子どもの教育費と住宅ローン返済に追われ、それどころではない田村さん夫婦。彼らの差もさらに大きく開いている可能性が高く、老後生活も早くも明暗がはっきりしている。