昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

住み慣れた場所を離れずに暮らしを一新する土地活用

三井ホーム

PR

愛着のある土地で生涯暮らしたいと思いつつも、自宅は老朽化し、防災や耐震の面でも不安が残る。やはり住み替えを検討すべきだろうか――。そんな悩みを持つ人に、三井ホームは自宅を賃貸併用住宅にする土地活用を提案する。

賃貸併用住宅への建て替え家賃収入でローンを返済

 三井ホームは、自宅を賃貸併用に建て替えることで、住み慣れた場所を離れずに暮らしを一新させる土地活用の提案に強みを持つ。建て替えの資金はローンを利用するものの、家賃収入で返済するので手元に資金を残すことも可能だ。提案するのは収益を追求する土地活用ではなく、あくまでも愛着のある場所でより快適に暮らすための土地活用だ。庭や既存樹木を生かした敷地や、広々とした間取り、美しい外観など、快適さを重視した設計が特徴だ。

 そもそも土地活用は地域の将来を見据えた街づくりの事業でもある。それゆえ景観や安全・安心への配慮が欠かせない。

重厚なタイル張りの外観が特徴の賃貸併用住宅。既存樹木を残し、高級感を生み出している。
重厚なタイル張りの外観が特徴の賃貸併用住宅。既存樹木を残し、高級感を生み出している。

 一般的な建物は、築年数が経過すると劣化し、色褪せていくもの。三井ホームの物件はその逆で時間の経過とともに味わいが深まる「経年優化」を目指して設計を工夫している。年月を重ねるごとに周囲の住民から愛される建物に育っていくわけだ。また災害対策にも余念がない。独自の「プレミアム・モノコック構法」により、大地震にも耐えうる圧倒的な強さを獲得している。自宅の土地活用で快適な暮らしを手に入れつつ、次世代には安定した収益を生む資産を残せるため、相続を見据えた土地活用としても有力な選択肢になるはずだ。

土地活用セミナー&実例見学会開催!

2020年1月25日(土)~3月7日(土)まで全国14会場で2020年度の最新税制がわかる土地活用セミナーと実例見学会を開催。詳細はウェブサイトをご覧ください。

INFORMATION

お問い合わせ
0120-06-2331
9:00~18:00 定休日/水曜・日曜・祝日(一部エリアは土曜・日曜・祝日)
https://www.mitsuihome.co.jp/property/

三井ホームの資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

締切:2020年4月10日(金)

応募フォームへ